2022年6月23日 (木)

クレメンツ・フリーダーはバイロイトに、ダニエル・ゲーデはリヒテンブルクに!!!

ヴァイオリニスト、クレメンツ・フリーダーは作日6月22日にバイロイトに到着し、さっそくバイロイト祝祭歌劇場で行われるリハーサルに参加しました。バイロイト音楽祭は7月25日の「トリスタンとイゾルデ」(新演出)でスタートし8月30日「神々の黄昏」まで(ネルソンス指揮の演奏会は8月31日と9月1日)行われます。

_dsc7258_20220623145701

ダニエル・ゲーデはババリアのリヒテンブルクにある壮大な邸宅に滞在し、5日間のマスタークラスを行っています。この邸宅はフランス生まれの高名なヴァイオリニスト、アンリ・マルトー(1874年-1934年)の別荘だった建物で、リヒテンブルクの名所として整備され、1000㎡ある地下には立派な音楽ホールも作られています。

Img_2712 Img_2684

ドイツではマスク着用義務も大幅に緩和され、人々は日常を取り戻しつつあります。しかし慎重なゲーデ夫妻は人と会うときには、必ずマスクを付けています。

Img_2648 Img_2646

Img_2649

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

ハンブルクにゲーデ家が集まりディートリッヒ・ゲーデ氏の86歳の誕生日を祝いました!

6月4日(土)ハンブルクにゲーデ家の人々が集まりダニエル・ゲーデの父君であるディートリッヒ・ゲーデ氏の86歳の誕生日を祝いました。ドイツ・テレコムの役員を務めたディートリッヒ氏は退職後ハンブルクの自宅で悠々自適な生活を楽しんでいましたが、現在は妻のヘルガさんとハンブルク市内の高齢者用施設で暮らしています。ヘルガさんは英語の先生をしていました。そのためゲーデ家では父親と話すときにはドイツ語で、母親とは英語で会話していました。3人の子供が流暢に英語を話すのはそのためです。

ディートリッヒ氏の来ている黒いTシャツには「7396」の文字がプリントされていますが、これには√がかかっていて、その値は「86」です。

Img_2437

スイシュー夫人はもちろん長男のトーマスや三男のセバスティアン、孫のフローリアンなどほぼ全員が集まっています。

Img_2507

最も若いメンバーはセバスティアン・ゲーデのお嬢さんの子供(女の子)です。

Img_2506

Img_2408

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

グスタフ・リヴィニウスはアドナナ夫人とウィーンにいます。

チェロの巨匠!我らがグスタフ・リヴィニウスは、現在ウィーンに滞在していて、マスタークラスで教えています。アドナナ夫人も一緒で国立歌劇場の「ローゼンカヴァリエ」を楽しみました。夫人はトリスタンのドレスリハーサルにも参加しました。

今度の土曜日にはブルグ劇場に行く予定で、とても充実した春のウィーンを満喫しています。下の写真はモーツァルトやベートーヴェンも通っていた、ウィーン最古のカフェ「フラウエンフーバー」(ヒンメルプフォルトガッセ)でヴァイオリニストのクレメンツ・フリーダーと!

Img_1835

グスタフ・リヴィニウスとクレメンツ・フリーダーは10月5日~11月10日までウィーン・ピアノ五重奏団の一員として来日し、連日、日本各地で演奏します。

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

ダニエル・ゲーデからの報告(2)

ウクライナ青少年オーケストラ(The Youth Orchestra of Ukraine)のビデオです。昨日お話した双子のひとり、アレクサンドラがこのオーケストラの芸術監督をしています。

Img_0712  

http://m.youtube.com/watch?v=0VNg6NsM6Ko

ウクライナ青少年オーケストラは、昨日お伝えした「キーウ交響楽団」とベルリンで演奏会を開催します。

| | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

ダニエル・ゲーデからの報告(1)

ニュルンベルク音楽大学ヴァイオリン科教授であるダニエル・ゲーデから以下の報告がありました。

私のクラス(定員12名)では3名のウクライナ人学生が学んでいます。24歳の双子の姉妹と15歳の少年です。彼は中学校に通いながら私の大学のクラスでも学んでいます。

Img_0712

彼らが教えてくれたことはあまりにショッキングなことです。

先週キーウ(キエフ)の郊外にあるビルにロシア軍のロケット弾が撃ち込まれました。このビルは姉妹の実家から200mの場所にあり、その時彼女たちの父親が家に居ました。幸い彼は無事でした。彼はキーウ交響楽団の音楽監督で楽団員をポーランドに避難させようとしています。ベルリンの大手招聘元の招きで近々この楽団のドイツツアーが実現します。

彼女たちの母親と10歳になる弟は、ポーランドを経てドイツに逃れ、ここバイエルンの彼女たちの家で安全に過ごしています。弟はすでにドイツの小学校に通っていますが、ウクライナにいるうちにドイツ語を学んでいました。私たち夫婦は彼女たちを経済的に支援しています。下はゲーデ夫妻、2014年3月8日仙台駅で(東日本大震災被災地応援ツアー)

Dscn4606b

前述の15歳の少年の男性の家族は、全員ウクライナ国内に留まっています。彼らの家の近くで爆弾がさく裂した時には、家の窓がすべて破壊されたそうです。

私たちのニュルンベルク音楽大学は戦火から逃れてドイツに避難し、学びたいと願うウクライナからのすべての生徒に対し、無試験での入学を認めています。定員はなく希望者を何人でも全員受け入れます。

私はニュルンベルク音楽大学の「難民(Refugee)」対応の責任者です。来る4月11日には私たちの大学の生徒たちが演奏会を開催し、寄付金を集め売り上げと共にウクライナに寄付します。

この醜い戦争が一刻も早く終わることを祈っています。

ダニエル・ゲーデ

 

| | コメント (0)

ウィーン・フィルとウクライナ(ハラルド・クリュンペックとラファエル・フリーダーからの報告)

ウィーン・フィルがニューヨーク公演(2月25日~27日)に向かった時、ロシアがウクライナに侵攻しました。同団にはウクライナ国籍を持つ団員が4名とロシア国籍を持つ団員も4名在籍しています。それぞれが素晴らしい音楽家で、この戦争に強く反対し心を痛めています。

Img_0712

これにウィーン・フィルは直ちに反応し、予定していた指揮者ワレリー・ゲルギエフと共演者デニス・マツーエフの降板を決定しました。ゲルギエフとマツーエフがともにプーチンを強く支持していることが問題とされました。そしてプログラムから急遽ロシア人作曲家の作品を外しました。ゲルギエフに代わりカナダ人のヤニック・ネゼ=セガンを指揮を務めました。

そしてウィーン・フィルは直ちに取り敢えず100,000ユーロ(約13,500,000円)をウクライナに寄付しました。またウィーン・フィルに限らず、ウィーン在住の多くの音楽家たちがチャリティコンサートに参加し、収益金を常時ウクライナに送っています。

P1110242_20220331175001

NPO法人フレンドシップ・コンサートのメンバーである、ラファエル・フリーダー、ハラルド・クリュンペックらも折にふれウクライナに寄付金を送っています。

Dscn4035 522

| | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

2月4日釜石市より感謝状を頂きました!

2011年秋から継続してまいりました東日本大震災被災地応援ツアー(ゲーデ・ピアノ三重奏団)では、2020年2月25日(米沢市公演)、26日(大船渡市公演)、27日(釜石市公演)を行った時点で、拡大しつつあった新型コロナウィルス感染により、28日以降の公演を急遽中止し、同団は29日にドイツに帰国致しました。2021年及び2022年は感染状況等に鑑み日本大震災被災地応援ツアーを休止しています。

昨日、釜石市総務企画部総合政策課震災検証室より以下のような「感謝状」が贈られました。

Img_0604

以下は2020年2月27日の釜石公演時の写真です。

Img_5393 Img_5429

中央はお世話になった釜石市TETTO(釜石市民ホール)の中村さん。ゲーデの横は東日本大震災被災地応援ツアーの三陸沿岸部公演に車持参でボランティア運転手をして下さる大中さん(一関文化センター)・・・

Img_5381

2023年こそはワクチン+服用薬のセットで日常を取り戻し、また東北の各地をボランティアとして回りたいと思います。

| | コメント (0)

2022年2月 4日 (金)

森田啓佑さんのチェロを聴きました。

2月3日東京芸術劇場で、グスタフ・リヴィニウスの指導の下研鑽を積んでいるチェロ奏者森田啓佑さんの演奏を楽しみました。(2022都民芸術フスティバルオーケストラ・シリーズNo. 53)

Img_0577 Img_0578

平日午後14時開演・・・聴衆の年齢層は高く、会場の4~5割の席が埋まっていました。共演は東京交響楽団(指揮:齋藤友香里)で、森田さんは「ハイドン:チェロ協奏曲第2番」を軽快に美しく演奏されました。

Img_0582Img_0583

後半はブラームスの交響曲第2番が演奏されました。

Img_0585

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もNPO法人フレンドシップ・コンサートを宜しくお願い申し上げます。

G-collage

今年はウィーン・ピアノ五重奏団を10月6日(木)~11月10日(木)までの日程で招聘し、日本各地を訪れ演奏する予定です。ご期待下さい!!!

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

12月18日、小野澤弘一(陶芸家)の「赤・黒・白展」に伺いました・・・

目黒のサロン(館 游彩)で開催された「赤・展」に伺いました。陶芸家の小野澤弘一さん、山田晶さん、阿波夏紀さんの3人の陶芸家の作品を楽しみました・・・

Img_0403

写真は小野澤弘一さん・・・

Img_0400

| | コメント (0)

«アンドレス・サウテル(アルゼンチンタンゴ・ダンサー、振付師)と会いました。