2022年8月 5日 (金)

8月4日、ダニエル・ゲーデと大森の「鮨処大川」に伺いました。

軽井沢国際音楽祭に参加しているダニエル・ゲーデは3日東京に移動しました。ジュニアオーケストラの指導や演奏会に出演し8日に帰国します。

Img_1248 Img_1249

ゲーデの大好物、お鮨を食べに30年近く通い続けている、大森「鮨処大川(03-3777-0044)」に出かけました。今夜は私がゲーデに招かれました。

Img_1253 Img_1255

Img_1257_20220805191101 Img_1260

二人とも初めて海鞘を食べました!

Img_1263 Img_1264

新子の美味しいこと!!!ネギトロはゲーデの大好物です・・・穴子も絶品です。

Img_1265 Img_1266

大川さんご夫妻と記念写真!

Img_1269

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

7月31日(日)クレメンツ・フリーダーはバイエルン国立歌劇場で演奏しています!

バイロイト祝祭管弦楽団団員としてバイロイトに滞在中だったヴァイオリニストのクレメンツ・フリーダーは、掛け持ちで1日おきにミュンヘンのバイエルン国立歌劇場でも演奏しています。

20220731_173543

今夜はリヒャルト・シュトラウスのオペラ「影のない女」の予定ですが「染物師の妻(難易度の高いドラマチックソプラノ)」役の名歌手ニーナ・シュテンメが直前でキャンセルしたため、代役が来るのを待って開演が2時間遅くなりました。終演は24時近くになりそうです・・・

 

| | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

訃報 ダニエル・ゲーデのご母堂ヘルガ・ゲーデさん(85歳)がご逝去なさいました。

7月24日、軽井沢音楽祭のため来日したヴァイオリニスト、ダニエル・ゲーデのご母堂ヘルガ・ゲーデ(Helga Gaede)さんが、25日早朝(現地時間)ハンブルクの病院でご逝去されました。享年85歳でした。ヘルガさんは先月6月4日に、ひ孫や孫そしてゲーデ3兄弟に囲まれて、夫のディートリッヒさんの86歳の誕生日を祝ったばかりでした。 

Img_2437_20220726205801 Img_2507_20220726205801

ダニエル・ゲーデがドイツを出発したその夜、ヘルガさんは、夫のディートリッヒさんと暮らすハンブルクの住居で倒れ入院し、今朝帰らぬ人となりました。一時は日本での演奏会をキャンセルし帰国を考えたダニエル・ゲーデですが、ディートリッヒさんの強い勧めもあり明日からの軽井沢音楽祭に出演します。下の写真は2018年5月に、三男セバスティアン・ゲーデ(チェロ奏者・エルプ・フィルハーモニー管弦楽団団員・バイロイト祝祭管弦楽団団員)の所属するオーケストラの本拠地ハンブルクにある、エルプ・フィルハーモニーで撮った写真です。なお上の右の写真で、左列の黒いポロシャツを着ているのが長男のトーマス・ゲーデ(内科医・ヴィオラ奏者)です。

Dsc01809 Dsc01847_20220726205801

深い愛情で結ばれた素晴らしいご夫婦でした・・・

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

7月21日クレメンツ・フリーダーはバイロイト祝祭歌劇場でタンホイザーのドレスリハーサルに参加しました!

バイロイト音楽祭でバイロイト祝祭管弦楽団に所属しているクレメンツ・フリーダー(写真右)は、7月21日祝祭歌劇場で行われたタンホイザーのドレスリハーサルに参加しました。弟のマクシミリアン(写真中央)はウィーンで教鞭と練習に明け暮れています。父親のウィーン・フィル、チェロ奏者のラファエル(写真左)は明日からザルツブルク音楽祭に参加します。

26

世界中からワーグナー愛好家が集まる祝祭歌劇場。(本日7月21日クレメンツ・フリーダー撮影)

20220702_172515

| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

チェロ奏者グスタフ・リヴィニウスの夏休み・・・

グスタフ・リヴィニウス(HFMザールブリュッケン音楽大学教授・1990年チャイコフスキー国際コンクール優勝者)は今年10月5日から11月10日まで、ウィーン・ピアノ五重奏団のメンバーとして日本に滞在し各地で演奏会に出演します。

28 Gr1

8月に入ると約40日間自宅を離れ、ドイツ、オーストリア、スイスに接する避暑地ボーデン湖畔のラドルフツェルでマスタークラスを開催します。その後ドイツ最南端の保養地オーベルスドルフでコンサートを開きます。

Img_4031 551 Img_4137_20220721132401 Img_4261_20220721132401

それから2週間は家族とイタリアでのんびり過ごし、リヴィエラの西端にある美しい海辺の街チェルヴォでさらに2週間のマスタークラスを開きます。

Img_4491_20220721132401 Img_4577

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

アルゼンチン・タンゴの巨匠カルロス・リバローラ(ダンサー、振付家)さんに会いました!

巣鴨にあるタンゴスタジオ「Doble A」で、アルゼンチン・タンゴの巨匠カルロス・リバローラさんに会いました。70歳になる彼は、世界で最も有名なタンゴ・ダンサーであり振付家でもあります。主演ダンサーを務めたカルロス・サウラ監督の映画「TANGO」はアカデミー賞にノミネートされました。

Img_1214

彼は大変な親日家で自分のことを「敏郎」と称しています。もちろん三船敏郎から拝借したようです。長引く経済の落ち込みから、主だった有名ダンサーはほとんど海外に出ていると、寂しそうに話していました。

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

クレメンツ・フリーダーはバイロイトに、ダニエル・ゲーデはリヒテンブルクに!!!

ヴァイオリニスト、クレメンツ・フリーダーは作日6月22日にバイロイトに到着し、さっそくバイロイト祝祭歌劇場で行われるリハーサルに参加しました。バイロイト音楽祭は7月25日の「トリスタンとイゾルデ」(新演出)でスタートし8月30日「神々の黄昏」まで(ネルソンス指揮の演奏会は8月31日と9月1日)行われます。

_dsc7258_20220623145701

ダニエル・ゲーデはババリアのリヒテンブルクにある壮大な邸宅に滞在し、5日間のマスタークラスを行っています。この邸宅はフランス生まれの高名なヴァイオリニスト、アンリ・マルトー(1874年-1934年)の別荘だった建物で、リヒテンブルクの名所として整備され、1000㎡ある地下には立派な音楽ホールも作られています。

Img_2712 Img_2684

ドイツではマスク着用義務も大幅に緩和され、人々は日常を取り戻しつつあります。しかし慎重なゲーデ夫妻は人と会うときには、必ずマスクを付けています。

Img_2648 Img_2646

Img_2649

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

ハンブルクにゲーデ家が集まりディートリッヒ・ゲーデ氏の86歳の誕生日を祝いました!

6月4日(土)ハンブルクにゲーデ家の人々が集まりダニエル・ゲーデの父君であるディートリッヒ・ゲーデ氏の86歳の誕生日を祝いました。ドイツ・テレコムの役員を務めたディートリッヒ氏は退職後ハンブルクの自宅で悠々自適な生活を楽しんでいましたが、現在は妻のヘルガさんとハンブルク市内の高齢者用施設で暮らしています。ヘルガさんは英語の先生をしていました。そのためゲーデ家では父親と話すときにはドイツ語で、母親とは英語で会話していました。3人の子供が流暢に英語を話すのはそのためです。

ディートリッヒ氏の来ている黒いTシャツには「7396」の文字がプリントされていますが、これには√がかかっていて、その値は「86」です。

Img_2437

スイシュー夫人はもちろん長男のトーマスや三男のセバスティアン、孫のフローリアンなどほぼ全員が集まっています。

Img_2507

最も若いメンバーはセバスティアン・ゲーデのお嬢さんの子供(女の子)です。

Img_2506

Img_2408

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

グスタフ・リヴィニウスはアドナナ夫人とウィーンにいます。

チェロの巨匠!我らがグスタフ・リヴィニウスは、現在ウィーンに滞在していて、マスタークラスで教えています。アドナナ夫人も一緒で国立歌劇場の「ローゼンカヴァリエ」を楽しみました。夫人はトリスタンのドレスリハーサルにも参加しました。

今度の土曜日にはブルグ劇場に行く予定で、とても充実した春のウィーンを満喫しています。下の写真はモーツァルトやベートーヴェンも通っていた、ウィーン最古のカフェ「フラウエンフーバー」(ヒンメルプフォルトガッセ)でヴァイオリニストのクレメンツ・フリーダーと!

Img_1835

グスタフ・リヴィニウスとクレメンツ・フリーダーは10月5日~11月10日までウィーン・ピアノ五重奏団の一員として来日し、連日、日本各地で演奏します。

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

ダニエル・ゲーデからの報告(2)

ウクライナ青少年オーケストラ(The Youth Orchestra of Ukraine)のビデオです。昨日お話した双子のひとり、アレクサンドラがこのオーケストラの芸術監督をしています。

Img_0712  

http://m.youtube.com/watch?v=0VNg6NsM6Ko

ウクライナ青少年オーケストラは、昨日お伝えした「キーウ交響楽団」とベルリンで演奏会を開催します。

| | コメント (0)

«ダニエル・ゲーデからの報告(1)