« 本年10月巨匠グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を招聘します! | トップページ | グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を少し詳しく紹介します! »

2012年3月19日 (月)

チャイコフスキー国際コンクールについて・・・

International Tchaikovsky Competition in Moscow

チャイコフスキー国際コンクールは1958年に創立された世界で最も権威あるクラシック音楽コンクールで、エリザベート王妃国際音楽コンクール及びショパン国際ピアノコンクールとともに世界三大コンクールと称される。2009年から指揮者のヴァレリー・ゲルギエフが委員長に就任している。

世界最高峰の音楽コンクールといわれる本コンクールは4年に一度の開催を原則とし、開催初年の1958年にはピアノとヴァイオリン部門のみが審査対象とされたが、1962年の第2回コンクールよりチェロ部門が加わり、その後声楽部門も設けられた。第1回コンクールのピアノ部門ではおりから冷戦の真っ只中であったにもかかわらず、アメリカ人のヴァン・クラーバーンが優勝者となったことは世界に衝撃を与えた。

近年は指揮者としての活躍も著しい名ピアニスト、ウラディミール・アシュケナージ(ソ連)は1962年の優勝者であり、1970年にはギドン・クレーメル(ヴァイオリン)と抜きん出たソリストを輩出してきた。特にグスタフ・リヴィニウスが第一位を獲得した1990年はGolden Yearと言われ、ベレゾフスキー(ピアノ)、諏訪内昌子(ヴァイオリン)、グスタフ・リヴィニウス(チェロ)の名手を優勝者に選出した。なおグスタフ・リヴィニウスは今日に至るまでドイツ人唯一の優勝者である。翌1994年のチェロ部門は1~3位該当者なしとされた。チェロ部門に限ればチャイコフスキー国際コンクール優勝者は2011年までで僅かに11人を数えるのみである。

なお前述のエリザベート王妃国際音楽コンクールはピアニスト、ヴァイオリニスト、声楽家及び作曲家のためのコンクールであり、ショパン国際ピアノコンクールはピアニストを対象とするため、チェロ奏者にとってはチャイコフスキー国際コンクールにおける優勝が、文字通り演奏家としての最高位であるといえよう。

|

« 本年10月巨匠グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を招聘します! | トップページ | グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を少し詳しく紹介します! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565090/54255810

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー国際コンクールについて・・・:

« 本年10月巨匠グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を招聘します! | トップページ | グスタフ・リヴィニウス(Gustav Rivinius)を少し詳しく紹介します! »