« さあ後半戦です!名古屋市立楠小学校を訪問しました。 | トップページ | 名古屋フレンドシップ・コンサート! »

2012年10月23日 (火)

グスタフ・リヴィニウス Gustav Rivinius のこと。

グスタフ・リヴィニウス Gustav Rivinius は現在46才、ドイツのザールブリュッケンで、高校の教員(後に校長)の父と趣味でヴァイオリンを弾く母との間に生まれました。兄弟は男だけの6人兄弟!長男と次男は医者に、三男はヴァイオリニスト、四男はグスタフ・リヴィニウス自身、五男がピアニスト、六男はヴィオラ奏者として活躍中・・・兄弟だけでピアノ四重奏団が編成でき、実際に活動もしているという天才一家。1990年にチャイコフスキー国際音楽コンクールで優勝するわけですが、これも狙っていて一発で獲得したそうです。Dscn1007ダニエル・ゲーデとは幼いころから国内コンクールの常連としてよく顔を合わせていました。現在はルーマニア生まれの奥様(Adnana Rivinius チェロ奏者・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団団員と17才のお嬢さん、14才と11才の息子さんの5人家族で、ザールブリュッケンをこよなく愛する家庭人です。趣味はと尋ねられて「家庭!」と答えるゲーデとよく似ています。なお今年9月1日からウィーンフィルハーモニー管弦楽団の首席チェリストに就任したペーター・ショモダリ(ハンガリー生まれ・前ルツェルン歌劇場管弦楽団・首席チェリスト)は、リヴィニウスより一回りほど若いだけですが、リヴィニウスの生徒でした。

Dscn0982

|

« さあ後半戦です!名古屋市立楠小学校を訪問しました。 | トップページ | 名古屋フレンドシップ・コンサート! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565090/55957986

この記事へのトラックバック一覧です: グスタフ・リヴィニウス Gustav Rivinius のこと。:

« さあ後半戦です!名古屋市立楠小学校を訪問しました。 | トップページ | 名古屋フレンドシップ・コンサート! »