« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

オリヴァー・トレンデルからの写真追加!

タムズ・ピアノ四重奏団のトレンドル(ピアニスト)から先日のクラーゲンフルトとティルブルクでのコンサートホールの写真が送られてきました。オーストリアの古都クラーゲンフルトではとても古いホールで、対照的にティルブルクではクラシック用のホールとは思えないモダンな会場で演奏したそうです。Img_2720

Img_2741

Img_2754ゲーデの年末は大変忙しいとのこと。ベルリン・フィルのメンバーとの共演や、多くの演奏会の予定が入っています。またスイシュー夫人との共演による有名なヴァイオリンの教則本に付属するお手本用のCD録音も着々と進行中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

ステファン・フーヴァーとマティアス・シェスルが来日しました!

もうすでにクラシックファンであればお分かりのように、この秋の最も注目されているコンサートツアー、バイエルン放送交響楽団(指揮:マリス・ヤンソンス)日本ツアー(ベートーベン全交響曲演奏会)のための来日です。ミュンヘンからLHでまずソウルに飛び2回のコンサートを済ませて、アシアナ航空で大阪へ。京都及び西宮で演奏し、いよいよ今日26日から東京で9つのシンフォニーを演奏します。今や絶好調のヤンソンスを迎えてベルリン・フィルやウィーン・フィルと肩を並べるこの実力派オーケストラの名演が期待できます。

で、25日(日)は終日お休み。まず北鎌倉へ・・・Dscn1775連休で快晴、もうすごい人出!まずは天ぷらそばでお昼。Dscn1777建長寺から鶴岡八幡宮という決まりきったコースを短時間で。Dscn1783お日柄もよく挙式ラッシュ!Dscn1784材木座へ移動、光明寺の鐘を聞いて・・・Dscn1786みなとみらいから中華街へDscn1792で、夕食!!!いっぱい食べながら一杯話を聞きます。ヨーロッパの音楽界の裏話はそれは面白いのですが・・・Dscn1802

Dscn1805ホテルに戻るとクリスマスツリーが、確か去年はいっしょにツリーを京王プラザ新宿で見ました。何故こんなに時は早く過ぎていくのか・・・Dscn1806母が逝ってもうすぐ1年に・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タムズ・ピアノ四重奏団

今週末にオーストリアとオランダでのコンサートツアーを終えたタムズ・ピアノ四重奏団は成功裏にツアーを終え帰国しました。Foto_2隣国へのツアーですから我国で言えばちょっと東北までといった感覚でしょうか。Foto_1このツアーでは大きな収穫としてベネルクス3国でのマネージメントを得たことだそうです。Foto_3それにしてもこのコンサートホールは派手ですね。ティルブルクというオランダの町だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

ゲーデ、リヴィニウス・・・オーストリア、オランダツアーへ!

ダニエル・ゲーデとグスタフ・リヴィニウスはタムズ・ピアノ四重奏団としてオーストリア(ウィーン及びクラーゲンフルト)及びオランダへのコンサートツアーに出発しました。Tammuz0965k1このピアノ四重奏団はヴィオラ奏者に有名なフォルガー・ヤコブセン、そしてピアニストにはマイセンベルクの弟子として知られるオリヴァー・トレンドルを配し、ゲーデ、リヴィニウスを加えて2007年に設立された名手たちによるピアノ四重奏団で、すでにコンサート活動やCDリリースに積極的に活動しています。Tammuz09251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

ギュンター・ザイフェルト、64才。

Dscn1549 ギュンター・ザイフェルト(Günter Seifert)

1948年5月北オーストリアの美しい山村ヴァイヤーに生まれる。奨学金を得て1962年より1969年までザルツブルグ・モーツァルテウムを経てウィーン音楽大学に学ぶ。1972年より第一ヴァイオリン奏者としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団及びウィーン国立歌劇場管 弦楽団団員となる。1972年実弟エックハルトや盟友クドラックらと共にウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団を設立する。Dscn1557_2 ザイフェルトはイプス川に育まれた故郷ヴァイヤーの村をこよなく愛し、村はずれの小高い丘陵にあった400年以上昔に作られた農家を買い取り、10年以上かけてリニューアルしつつある。数年前にフレンドシップ・コンサートの仲間達とヴァイヤーに宿泊し、ムラの公民館で村民とともにザイフェルト弦楽四重奏団のコンサートを楽しんだ。Dscn1576 来年の8月でウィーン国立歌劇場(ウィーン・フィル)の定年を迎えるザイフェルトであるが、衰えない演奏能力やウィーン国立歌劇場への抜群の貢献度からして、かつてのクドラックのように定年延長(1年)となる可能性は大きい。

ウィーン・フィル前コンサートマスターのダニエル・ゲーデと。Dscn1586 ウィーン国立歌劇場の第1ヴァイオリンでは近々3名が定年退職を迎える。つまり3席の空席が出るというわけである。第2ヴァイオリンでは1名が退職する。若きヴァイオリン奏者にとっては願ってもないチャンスである。すでに本年6月にオーディションが行なわれ約30名の奏者が挑戦したが、該当者なしという結果であった。次のオーディションは来月12月20日に開かれるそうだ。このオーディションにはわれらがラファエル・フリーダー(ウィーン・フィル、チェロ奏者)の長男クレメンツも参加する予定である。Dscn1589もしクレメンツ・フリーダーがオーディションを突破すれば、すでにピアニストとしてデビューを果たした次男のマクシミリアンとともに「フリーダー・トリオ」が実現する。

旧友の赤松医師と。

Dscn1615 1986年9月1日、偶然ウィーンの街角で私とザイフェルトが出会って以来、既に26年が過ぎウィーン・フィルも世代交代と共に、必然的に大きな転換点に立っている。伝統を強固に維持しつつ、時代に沿って変容していくことは決して簡単なことではない。Dscn1623

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団、全員無事に帰宅しました!

本日、日本時間午前3時にゲーデがニュルンベルク近郊の自宅に到着し、ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団全員が無事帰宅しました。ゲーデはウィーンの弓製作家の工房を訪れ、試奏用に借用してきた弓2本を返却し、6日はそのままウィーンに1泊、7日列車で自宅に戻りました。リヴィニウスは6日ザールブルッケンの我が家に戻り、デラハントはウィーンの知人宅に預けた愛犬イスラエルを引き取りフランクフルトに帰りました。Dscn1762ゲーデといっしょにリヴィニウスとデラハントを見送りました。(5日午後)Dscn1764マネージャーもお役御免で5日夕刻帰宅しました。Dscn17706日Dscn06947日Dscn17718日午前2時着、デラハントからのメールです。

Dear Tsutomu,

Thank you very much for your kind email. I had a wonderful time in Japan and it was a joy to play with musicians like Daniel and Gustav.

I hope you have some rest after the crazy month.

Best wishes,

Walter

8日正午着、ゲーデからのFAXです。02

8日21時14分着、リヴィニウスからのメールです。

Dear Tsutomu,

thank you so much for your kind words, I really enjoyed this tour very much! And I'm looking forward already to 2015. I came home safely, the trip was pleasant and there is a lot of work here for me......

Yesterday evening I enjoyed the roasted tea together with my family. It is wonderful, we all liked it very much! Thanks a lot for it.

Best greeting,

Gusti

お土産に丸八製茶場の加賀棒茶を用意しました。それぞれの家庭にこの美味しいお茶の香ばしい香りが漂っているのを想像すると、楽しくなります。

リヴィニウス最後のギャグ「痛い!!!」11月5日お昼、打ち上げの蒼樹庵で。Foto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

現在シベリア上空を飛行中です!

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団は本日正午過ぎのオーストリア航空52便で帰国の途につきました。Dscn055410月4日にウィーンを出発して以来、約1か月間日本全国で合計39回のコンサートに出演しました。東北での7回のボランティアコンサートのほか北海道から長崎県、兵庫県、大阪府、京都府、愛知県、神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、秋田県と旅しました。Dscn0488ゲーデとリヴィニウスは体調を管理するため、ほぼ1日おきに50~60分程度のジョギングを欠かしませんでした。ウェスティンホテル仙台、京王プラザホテル新宿、名古屋東急ホテル、京都東急ホテル、旭川グランドホテル、神戸メリケンパークオリエンタルホテル、ホテル日航成田他、各地のホテルの皆さんには大変お世話になりました。特に時差調整に苦しむ最初の1週間をきめ細かくお世話頂いたウェスティンホテル仙台と、都合2週間近く宿泊した京王プラザホテル新宿には、メンバーもとても感謝していました!

(ウェスティンホテル仙台)Dscn0896(京王プラザホテル新宿)Dscn1063_2おかげで誰も体調を崩すことなく無事全日程を終了しました・・・みなさん!ありがとうございました!Dsc01688

付録(2)・・・の答え:2.スローなヴィオラ奏者、理由:他の3名は実在しないから・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

付録(2)・・・

では前回とまったく同じ質問で、

1.イースターバニー

2.スローなヴィオラ奏者

3.速いヴィオラ奏者

4.サンタクロース

100ユーロを獲得したのは誰?で、その理由は?Dsc01797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

付録・・・

何もない真四角な部屋の四隅にそれぞれに・・・

1.コンサート・マスター

2.スローなヴィオラ奏者(ゆっくり演奏するヴィオラ奏者)

3.速く演奏するヴィオラ奏者

4.コントラバス奏者

が座っています。そして部屋の真ん中に100ユーロ札が1枚置いてあります。

さて100ユーロ札を獲得したのはだ~れ?Dscn1735
答えは2番!なぜなら1.は100ユーロなんて小銭には興味がない!、3.は存在しない!、4.はルールが理解できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

See you soon! ありがとうゲーデ!

ありがとうダニエル・ゲーデ・・・ありがとう!Dscn1765ありがとう京王プラザホテル新宿!Dscn1753本当に良くして頂きました!おかげで強硬な日程をこなすことができました。Dscn1063セキュリティーのさらに良いプラザプレミアに宿泊しました!Dscn1059毎日洗濯もしました!Dscn1067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら・・・

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団は10月5日からスタートした2012年ツアーを無事に終了し、本日京王プラザホテル新宿を午後3時半にチェックアウトし、ホテル日航成田に移りました。お昼には同ホテルの蒼樹庵で懐石料理をゆうっくり味わいました。Dscn1746さすがにデラハントもホッとした様子です。Dscn1748多くの方々からツアー中に「デラハントさんは調子が悪いのでは?」とか「お疲れでは?」などとお気遣い頂きましたが、実際は違います!いつでも気怠そうにしているのが彼のスタイルなのです!「How are you?」と訊ねれば「I'm OK.」と答えるのがウォルター・デラハントです。Dscn1751ゲーデは友人と会ってから成田に向かいますが、リヴィニウスとデラハントは3時50分のリムジンに乗り込みました。Dscn1759ゲーデと二人で見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の演奏会、フレンドシップ・コンサート in 習志野!

といってもまずリハーサルです。Dscn1690この椅子で引きたいと言います・・・Dscn1693_3ロビーでは本年2月に行われたゲーデ兄弟弦楽トリオによる東日本大震災応援ツアーのビデオ(ジャパンケーブルネット株式会社制作)を放映していました。Dscn1694みんな見ています。Dscn1707フレンドシップ・コンサート in 習志野、今ツアー最後の39回目の演奏会です!Dscn1718会場も舞台も一体となって音楽に酔いしれました・・・Dscn1733ありがとう!!!ダニエル・ゲーデ、グスタフ・リヴィニウス、ウォルター・デラハント!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日が2012年ツアーの最終演奏会です(2)!

サンシティ銀座EASTの31階ホールは100mを超える高層階、素晴らしい見晴しの美しいホールでコンサート。Dscn1677そしていよいよフィナーレ、39回目のコンサート、津田沼の習志野文化センターへ。ドライバーとして大変お世話になった西川さんと。Dscn1689フレンドシップ・コンサート習志野のリーダー、高校時代からの旧友、赤松正根医師と(3日の第46回フレンドシップ・コンサートで)Dscn16143日、4日と譜めくりをお願いした古川かりん(東京芸術大学大学院ピアノ専攻)さん。Dscn1591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日が2012年ツアーの最終演奏会です!

いよいよ今年のツアーのフィナーレ・・・快晴の朝!何か良いことがありそうな・・・Dscn1644

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回フレンドシップ・コンサート(白寿ホール)(3)!

「乾杯!」Dscn1632_2ゲーデも酔っぱらってきました・・・Dscn1635_2もちろんデラハントとリヴィニウスも音楽論を戦わせます・・・Dscn1633ハレカイズのオーナーシェフ三浦さんを囲んで。Dscn1638とにかくあれこれよく議論します・・・Dscn1641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回フレンドシップ・コンサート(白寿ホール)(2)!

さてフレンドシップ・コンサート本番、まずゲーデやデラハントの美しく凄味のあるえんそうはもちろん、リヴィニウスのチェロの圧倒的な演奏に参加者はHANDS UPです。会場の熱気がそのまま演奏者に伝わり、音楽が高揚します。Dscn1603そしてデラハントの小芝居のあとギュンター・ザイフェルトの登場です。2009年以来の予期せぬ登場に会場は沸きます。Dscn1602「とにかくBESTだった!」とか「このトリオを再び呼んでほしい!」あるいは「今まで聴いたどのコンサートより感動的だった!」等々、称賛の声が届いています。Dscn1606_2圧倒的な演奏に会場は沸きました・・・Dscn1609飛び入り出演のザイフェルトをまじえてフィナーレ・・・Dscn1611で、ボランティアの学生諸君と。Dscn1618終演後は西麻布の美味しい無国籍料理のお店ハレカイズ(03-3400-8012)でギュンター・ザイフェルトをまじえて食事。Dscn1623真剣にワインを選ぶリヴィニウスとギュンター。Dscn1627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第46回フレンドシップ・コンサート(白寿ホール)!

11月3日19時第46回フレンドシップ・コンサートが白寿ホールで開催されました。同ホールの300席はすべて埋まりました。白寿ホールは代々木上原駅や代々木公園駅に至近の美しいホールです。素晴らしい状態のスタインウェイ・フルコンを備えた室内楽には最高の施設です。Dscn1540

Dscn1541実は今回のフレンドシップ・コンサートにはサプライズが用意されていました。ウィーン国立歌劇場日本公演で来日中のギュンター・ザイフェルトが飛び入り出演するのです。すでにクライスラーの珠玉の小品3曲の演奏も決定されていました。デラハントと入念なリハーサルが続きました。Dscn1560

Dscn1561この企画のために楽屋は関係者以外立ち入り禁止です。Dscn1576

Dscn1583

Dscn1583_2ゲーデとは元同僚、話が尽きません・・・Dscn1586

Dscn1597

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

文化の日、第46回フレンドシップ・コンサート開催さる!

文化の日、代々木の白寿ホールで第46回フレンドシップ・コンサートが開催されました。詳細は今夜UPします!Dscn1610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシティ東川口に伺いました!

サンシティ東川口に伺いました。混雑もなくスムースに到着、さっそくお昼を食べて合唱団との練習をしました。Dscn1522


Dscn1530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

今日は第46回フレンドシップ・コンサートです。

今日11月3日は第46回フレンドシップ・コンサート開催日です。1989年11月3日に田園調布の木村勲邸で始まったこのコンサートが、まさか23年間続くとは・・・そしてその輪の中から様々な意義のある演奏会が生まれるとは、誰が予想できたでしょうか・・・すでに完全に満席となった今日のフレンドシップ・コンサートには、お世話になっている多くの方々が参集される予定です。Dscn0460

Dsc01493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシティ塚口へ伺いました。

車でサンシティ塚口に行き演奏しました。このサンシティには混声合唱団があって、元気で明るい歌声を披露されました。Dscn1503サンシティ塚口はスケールの大きな美しい施設です。Dscn1507鯵フライランチを美味しそうに食べるドイツ人・・・Dscn1513

Dscn1518終演後は新大阪から東京に戻りました。Dscn1521

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

神戸、朝!

爽やかな朝です!いよいよ残り5回のコンサート・・・寂しいような、嬉しいような。Dscn1493

Dscn1494_2遠くに臨む六甲アイランドも懐かしいです・・・

Dscn1495_3お世話になった神戸メリケンパークオリエンタルホテルのコンシェルジュ川崎さんと。Dscn1500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美濃幸・・・

ここの仲居さんは本当に素敵な方たちです。自然体で温かく、何より美しいのです。Dscn1462

Dscn1477高台寺あたりを散策しました。ちょっと寒かった・・・Dscn1489

Dscn1488月が綺麗・・・あとコンサートは5回です!Dscn1490_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、京都の美濃幸を再訪しました!

ゲーデ、リヴィニウスの強い希望もあり京都下河原の美濃幸を再訪しました。本日のお料理です。Dscn1461

Dscn1465

Dscn1466

Dscn1467_2

Dscn1468_2

Dscn1469

Dscn1470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンシティ宝塚を訪問しました!

9人乗りのバンをチャーターして11時半にホテルを出発し、1時間足らずでサンシティ宝塚に到着。ここでは数年前にトビアス・リーのヴィオラ(アマティ・世界に3台が現存すると言われている名器)の魂柱が倒れ、みんな青くなった思い出の地です。紅葉がとても美しくなっていました。Dscn1428コンサートにはサンシティ宝塚の合唱団も参加しました。Dscn1437終演後デラハントがどうしてもピアノを弾き込みたいというので、我々3人でいったんホテルに戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸にいます・・・

懐かしい神戸メリケンパーク・オリエンタルホテルにいます。デラハントと1997年に宿泊したことがあります。Dscn1415スモーカーのデラハントは12階、私たちは7階で東に大きく開けた、広いテラスが気持ちの良い部屋です。Dscn1438ポートタワーやホテルオークラ、そして神戸海洋博物館(中央の白い尖った屋根の建物)・・・震災直後ここで日本郵船、西電工(当時)、といっしょにチャリティーコンサートをしました。Dscn1405夜になると・・・Dscn1455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

嬉しいお知らせ!!! Prof. Daniel Gaede

昨日10月31日われらが2013年4月1日よりダニエル・ゲーデ(Prof. Daniel Gaede)の読売日本交響楽団のコンサートマスターに就任することが正式発表となりました。同時にベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団の第1コンサートマスター日下紗矢子氏のコンサートマスター就任も発表されました。Dg1「趣味は?」と訊ねられると、いつも「家族・家庭」ですと答えるゲーデにとって、フローリアン、フィリップの2人の息子が成長した現在、以前よりも演奏活動に多くの時間をさけるようになったことが、今回の読売日本交響楽団コンサートマスター就任を可能にしたようです。(下・氷川丸にて)Jpg500kb101015026今後ゲーデはニュルンベルク音楽大学教授として後進の育成に努める傍ら、今まで以上に来日回数を増やし、霧島国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭、そして読売日本交響楽団との活動を活発多彩に行っていきます。もちろんNPOフレンドシップ・コンサートとの緊密な音楽活動も、更に積極的に進めてまいります。111_xuesudanielダニエル・ゲーデの次回の来日は2013年3月5日を予定しています。これはスイシュー・ゲーデ夫人同伴での日本初訪問になり、5日~10日を東北被災地応援ツアーに充てる予定です。11日には東京で第47回フレンドシップ・コンサートに出演を予定しています。下は高校生と共演するゲーデ。(2010年大阪プール学院高等学校で)20081029fc_166

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸!

様々な意味で懐かしい神戸へ!と、その前に長崎空港で大トロにご満悦・・・Dscn1341_2ゲーデのお気に入り長崎空港2F「しょうぶ」Dscn1343そして伊丹空港へJALで・・・エンブラエル76人乗り(ブラジル製)乗り心地良好で足元が広い!Dscn1344空から見る大阪の街の夜景は美しい・・・Dscn1360で、神戸メリケンパーク・オリエンタルホテルにチェックイン、部屋のテラスからの景色が売り!Dscn1381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とぎつカナリーホール!

午後は時津町の全中学3年生を集めてのコンサートです。まず館内のレストランでおいしいお昼を頂きました。Dsc02000ゲーデのヴァイオリンケース、いつも奥さんと2人の子供の写真が。Dscn1306カナリーホールからの展望!Dsc02005去年は1、2年生を対象にしましたので、3年生にとってはゲーデ弦楽四重奏団についで2年連続のラッキーな町からの贈り物です。演奏を聴く態度もとても素直で立派でした。Dscn1312生徒たちの希望で・・・Dscn1313お世話頂いたカナリーホールの下妻館長と田中昭彦さん!Dscn1317そして港へ・・・Dscn1322長崎空港到着!Dscn1335フェリー乗船場から空港までは長い歩く歩道が・・・Dscn1340

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生のため?のワークショップ?

31日午前中に長崎大学に行きました。最初は学生のためのワークショップ(演奏指導)をしてほしいとのことでしたので、無報酬での指導を了承しました。ツアー直前になって折角なので演奏も聴かせてほしいということになりました。FOR THE NEXT GENERATIONはNPOフレンドシップ・コンサートのモットーでもありますので、協力することにしたわけです。しかし到着して用意されたプログラムを見てビックリ・・・「○○○銀行・長崎大学共催 長崎創楽堂 秋のスペシャル・コンサート」「本演奏会は、国立大学法人長崎大学と○○○銀行の共催により行うものです。」とあります。勿論これらについては全てが知らされていないことなので大変困惑しました。今回のウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団の招聘者はNPOフレンドシップ・コンサートですし、その許可なく第3者が「主催」「共催」などできるわけもありません。創楽堂なる小さなホールにはすでに50人ほどの人々がいらっしゃったので、プログラム通りに演奏し、1グループの学生のピアノトリオに若干のアドヴァイスをして早々に辞去しました。最終的に60人ほどの聴衆でしたが半数余りは、相当年配の人々でした・・・Dsc01989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時津町にいます・・・

Dscn1288長崎市の隣町である時津町は静かな大村湾に面した美しい街です。朝、港で鷺(サギ?)を見ました。小魚を狙っているのでしょうか。Dscn1304宿泊した安田オーシャンホテル、各階に比較的広い部屋は1室しかないので2階に私、3階デラハント、4階ゲーデ、5階リヴィニウスと泊まりました。ちょうど写真の向かって右角部屋を4室です。Dscn1280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »