« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

ウィーン三重奏団、来日迫る!

 

NPOフレンドシップ・コンサートでは本年3月に東北応援ツアーのため招聘致しましたゲーデ・デュオに続き、9月末から3週間にわたりウィーン三重奏団を招聘し、全国各地で演奏会を開催致します。このトリオは2011年春に編成されたピアノ・トリオで、ウィーン・フィルの中でも数人しかいないウィーン生まれ、ウィーン育ちの2名の弦楽奏者とピアニストで構成されています。メンバーはチェロ奏者ラファエル・フリーダーとフリーダーの次男で弱冠23歳の天才ピアニスト、マクシミリアン・フリーダー、そしてフリーダー(父)の親友であるウィーン・フィルのリーダーヴァイオリニスト、ダニエル・フロシャウアーです。12_trio_wien

ウィーン・フィルのリーダーヴァイオリニスト、ダニエル・フロシャウアーの父、ヘルムート・フロシャウアーはウィーン少年合唱団の元団長で、後にウィーン国立歌劇場合唱団で活躍し、ケルン放送交響楽団(WDR)の名誉指揮者を務めました。来る9月22日にはウィーン少年合唱団の本拠地ウィーン・ホーフカペレ(宮廷礼拝堂)で、この日で80歳になるヘルムート・フロシャウアーの70年間にわたる活躍を祝した演奏会が行われます。息子のダニエルがコンサートマスターを務め、もちろん親友ラファエル・フリーダーも演奏します。Helmuth_froschauer_160x1201ダニエル自身もまたウィーン少年合唱団団員でした。ピアノ、ヴァイオリンの専門教育を受け、後にジュリアード音楽院に学びソリストとしてデビュー、将来を約束されたヴァイオリニストでしたが、旅から旅への生活より、落ち着いたウィーンの暮らしを選択し、ウィーン・フィル団員になった特異な経歴の持ち主です。ヴァイオリニスト五嶋みどりさんとは大の仲良しです。下はウィーン少年合唱団当時のダニエルです。Froschauer_2

ダニエル・フロシャウアーは自身で所有する1723年製の名器ドメニコ・モンターニャーナとドミニク・ペカットの弓で美音を奏でます。また時に巨匠アイザック・スターンから譲られたグランド・アダム(弓)も使用します。Df1フリーダー父子の音の対話も興味が尽きませんが、ダニエル・フロシャウアーの名演も目が離せません。Df3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

ゲーデと大森山王の鮨処大川に伺いました!

とにかく日本の食事、とりわけ大好きな美味しいお鮨を食べようと、いつも伺う山王の鮨処大川 (03-3777-0044)に。今日は昼間はリハーサルがありましたが、夜はFREEです。Dscn2588まずはゲーデの大好物、トロから。Dscn2592もう美味しいのなんのって。Dscn2593大きな毛ガニもいただきます。Dscn2594江戸前の穴子は絶品!Dscn2597煮鮑も・・・蝦夷鮑は旨みが凝縮されて・・・Dscn25962時間半ほどかけて心ゆくまで楽しみました。今夜はゲーデのおごりでした。「ご馳走様でした!」Dscn2600大川さんご夫妻と。ご主人はこの道38年、「いつも心のこもった美味しいお鮨をありがとうございます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

ダニエル・ゲーデに会いました!

池袋の東京芸術劇場で読売交響楽団の演奏会があり、軽井沢音楽祭を終えたダニエル・ゲーデがゲスト・コンサートマスターとして演奏しました。プログラムは恒例の三大協奏曲で長い演奏会でした。終演後フレンドシップ・コンサートの仲間と一緒に食事をしました。Dscn2579ゲーデの好物である和食のコースを楽しみました。皆クラシック音楽が大好き!ゲーデとは旧知の間柄、自然と話もはずみます。Dscn2580京都たん熊のチェーン店なので、美味しく頂きました。Dscn2581夏は鱧!Dscn2584落合先生ご夫妻と。ご夫妻はゲーデの自宅を訪れたことがあります。Dscn2586竹内俊二夫人、知子さん。外科医のご主人は急患で今日のコンサートには参加できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

ダニエル・フロシャウアーと会いました!

14日(水)プライベートで来日中のダニエル・フロシャウアー(ウィーン・フィル、リダー・ヴァイオリニスト)に会いました。Dscn2572宿泊中のホテル・オークラのバーで、この10月のウィーン三重奏団ツアーについて話し合いました。彼とってはNPOフレンドシップ・コンサート招聘のツアーは初めてですが、親友ラファエル・フリーダーから常にその詳細を聞いていて「多くの児童生徒あるいは高齢者や地方の皆さんと親しく接しての演奏会を何よりも楽しみにしている。」と語っていました。Image1ザルツブルク祝祭大劇場前での最新の写真です。中央が弱冠23歳の俊英ピアニスト、マクシミリアン・フリーダーで、フリーダー家の次男坊です。Image22014年のニュイヤーコンサートを振るダニエル・バレンボイムと記念写真。ウィーン・フィル楽団長ヘルツベルク氏や懐かしいトビアス・リー、コンサートマスターのライナー・ホーネックの姿も・・・Imageこれは極めて珍しいショット。わかれば貴方も相当なウィーン・フィル通!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

ザルツブルクで・・・

ウィーン・フィルのメンバーにとって1年に一度の年次休暇(7月1日~20日)も終わり、ザルツブルクに結集し8月末まで当地で開催されるザルツブルク夏の音楽祭に参加します。エーリッヒ・シャゲレルやハラルド・クリュンペックのようにウィーンではアパートメントで暮らし、風光明媚なザルツブルクに家を持つメンバーも少なくはありません。ギュンター・ザイフェルトは山腹で牧場を営む農家に間借りして過ごします。

時間に追われるウィーンでの生活に比べれば、ザルツブルクは天国、何といってもオペラやコンサートの公演数も限られていますし、大好きな室内楽を演奏する時間もたっぷりあります。清流ザルツァッハ川やホーエンザルツブルク城の素晴らしさもさることながら、旧市街の魔法にかけられたような美しさは、例えようもありません。また更に夜景ともなれば、もう、ただただ息をのむばかりです。

そのザルツブルクで去る7月27日、この秋初来日するウィーン三重奏団(ダニエル・フロシャウワー、ラファエル・フリーダー、マクシミリアン・フリーダー)が、ゲストとして参加するギュンター・ザイフェルトを加えて、公開リハーサルを行いました。P1060968
ギュンター・ザイフェルトは本年8月でウィーン国立歌劇場及びウィーン・フィルを定年退職する65歳となりましたが、その功績から1年の定年延長措置を受けています。NPOフレンドシップ・コンサートでは彼の27年間にわたる友情に感謝し、この10月にゲスト演奏者として10日間ほど彼を日本に招きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »