« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月24日 (金)

巨匠クラウディオ・アバド、逝く・・・ (2) ダニエル・ゲーデより

私が最初にマエストロ・アバドに会ったのは18歳の時で、マエストロがヨーロッパユニオン・ユース・オーケストラを指揮した時でした。私たちはマーラーの交響曲第9番を演奏しましたが、オーケストラのメンバー全員がその指揮に心を揺さぶられ深く感動しました。その後の演奏会でもマエストロが指揮する時はいつも、私たちは涙を浮かべて演奏したものです。

私がベルリン芸術大学で学んでいた頃マエストロは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任しました。私は彼の指揮するコンサートはできる限り聴くように心がけました。 ある日マエストロから私はサンモリッツ音楽祭(St.Moritz Musiktreffen)に招待されました。ナターリア・グートマン(チェロ奏者)、ポール・トルトゥリエ(チェロ奏者)、マリア・ジョアン・ピレシュ(ピアニスト)等のソリスト達と室内楽を演奏するためでした。 その後1994年に私はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任しましたが、マエストロ・アバドはすでにウィーン国立歌劇場の音楽監督の座を去っていました。それでも時々マエストロはウィーンやザルツブルク音楽祭に招かれました。再び私が驚愕し感動したのは、彼がアルバン・ベルクのオペラ「ヴォツェック」を全て暗譜で指揮した時でした。その素晴らしさは私の脳裏に今も焼付いています。 

2004年には私はマエストロから個人的な手紙を受け取りました。そこには私をボローニャ・モーツァルト・オーケストラのコンサートマスターとして招きたい旨が書かれていました。こうして私は10回にわたる企画でマエストロと一緒に演奏し、再び至福の時間を共に過ごすことができたのです。Foto私は今マエストロ・アバドの死去の報に際し、悲しみを抑えることができません。しかし一方でマエストロといっしょに極めて特別な時間を共有することができた幸運を噛みしめています。(ニュルンベルク音楽大学教授、ダニエル・ゲーデ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

巨匠クラウディオ・アバド、逝く・・・ (1)

昨1月20日イタリア、ボローニャの自宅にて世界的指揮者クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)が逝去しました。享年80歳。多くの音楽家に慕われた偉大な指揮者で、ウィーン・フィルの友人たち、とりわけ多くの演奏会で舞台を共にしたダニエル・ゲーデにとって、予想されていたこととはいえ辛い訃報となりました。

ゲーデは1983年にロンドンで開催されたカール・フレッシュ国際コンクールで優勝し、1986年には弱冠20歳でアバドの主宰するEUユースオーケストラのコンサートマスターに就任しました。そしてアバドとともにカーネギーホールで演奏するなど、世界各地でコンサート活動を繰り広げました。教育者としても傑出していたアバドの「次世代の音楽家を育てる」という夢が、このEUユースオーケストラに結実し、多くの優れた演奏者がこのオーケストラから飛び立っていったのです。Foto写真は2005年ボローニャでのモーツァルト・オーケストラ公演で、指揮者クラウディオ・アバドとコンサートマスターを務めたダニエル・ゲーデ・・・

(クラウディオ・アバド)ミラノ生まれ。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビュー後、ミラノ・スカラ座の芸術監督、ロンドン交響楽団の首席指揮者、ウィーン国立歌劇場の音楽監督、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督を歴任。2003年にはトスカニーニが設立したスイス祝祭管弦楽団を再編し、ルツェルン祝祭管弦楽団を創立した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

マイケル・シュトラッサーから新年の挨拶!

ウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団のヴィオラ奏者マイケル・シュトラッサーからフレンドシップ・コンサートの皆さんに新年の挨拶が着ました。Leopold_swinternet18「フレンドシップ・コンサートの友人の皆様、明けましておめでとうございます!」「昨年6月に生まれた長男レオポルドです。元気に育っています。」

妻マリアとともに・・・Leopold_swinternet1若いお父さんも様になってきました。Leopold_farbeinternet41

Leopold_farbeinternet67シュトラッサーはいま日本語を猛勉しています。難しくてなかなか身につかないようですが・・・Img_20131202_084546_249

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

読響を聴きました・・・

9日東京芸術劇場で行われた第5回読響メトロポリタン・シリーズを聴きました。指揮は常任指揮者のカンブルラン、共演ピアニストは名手ロジェ・ムラロ、コンサートマスターはダニエル・ゲーデです。Dscn4197平日ということもあるのでしょうか客席は6~7割の入りで空席が目立ちます。また最近のクラシックコンサートで目立つのは、聴衆の高齢化です。10年後には客席はどのような様子になるのでしょうか・・・プログラムはシューマン「マンフレッド序曲」、「ピアノ協奏曲op.54」、ラヴェル「高雅で感傷的なワルツ」、「スペイン狂詩曲」でした。ムラロのピアノは素晴らしく、特にアンコールで弾いたショパンは圧巻でした。Dscn418640日の海外公演を終えてゲーデは10日朝日本を離れ帰国します。次の来日は2月末の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

ダニエル・ゲーデは本当に日本料理が大好きです!

8日オペラシティの読響演奏会を終えたゲーデと、フレンドシップ・コンサートの古い仲間である落合さんご夫妻を交えて夕食を取りました。新宿一丁目にある鮨店「匠達広」に初めて伺いました。フレンドシップ・コンサートのツアーでゲーデの自宅を訪問したこともある落合夫妻はゲーデの大ファンです。Dscn4188娘から聞いたこのお店はラストオーダーが24時ということ、演奏会の後でもゆっくり食事ができます。以前は新宿高島屋前にあったのですが、3年前にここ新宿1丁目に移転したそうです。まだ白木の良い匂いが香る綺麗なお店です。Dscn4191おまかせで順に美味しいお鮨が運ばれてきます。いずれも丁寧な仕事が見事な美味しいお鮨です。下はコースのフィナーレの巻き物と玉子。Dscn4193ゲーデの大好物、うにとトロを追加注文!Dscn4194ゲーデ本人は2番目がないほど日本料理が好き。日本料理であればほぼ苦手な食材がゼロ!いっぱい食べてたくさん話をしました。「匠達広」のご主人、西さんと。Dscn4195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

一番大切なものは家族、一番好きな食事は日本料理・・・ダニエル・ゲーデ

焼物はさより・・・Dscn4182_2そして写真を撮るのを忘れるほど美味しかった鯛茶づけを食べて・・・甘味は二皿。Dscn4183早速3月の来日時の予約を取りました。今夜はゲーデの奢りでした。ごちそうさま!Dscn4184ゆっくり食事をしたのでその味に感動しながらも、様々な話題を話し合いました。世界中の驚くようなオーケストラからコンマス就任のオファーがあるゲーデですが、本人は現在の比較的自由な生活に大いに満足していて、「家族を大切にして生きていくには現在が丁度良い状態」といっています。Dscn4187次のフレンドシップ・コンサートはゲーデ・デュオで3月8日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダニエル・ゲーデ、読響出演のため再来日!

年末に読売交響楽団のコンサートマスターとして、多くの第9演奏会で演奏したダニエル・ゲーデは年末年始の10日間を夫人の実家がある北京で過ごした。この間はまったくコンサート等はなく、ひたすら家族サービスの毎日だったようだ。自身の最も大切なものは「家族」だと言い切るゲーデにとっては、素晴らしい北京の休暇だった。5日には夫人と2人の息子はドイツへ帰国し、ゲーデは7,8,9日と読響での演奏が予定されている。ゲーデ本人の強い希望で6日は和食を食べに伊勢丹にある茶屋青柳へ出かけた。伊勢丹メンズ館で。Dscn4177ここは初めてであったが、さすが徳島青柳の系列だけあって抜群の美味しさ!八寸の干支午の中には数の子が。Dscn4179鶉の真薯Dscn4180お造りは今朝しめて空輸された明石の鯛、本マグロ、甲イカ。全てが絶品!Dscn4181牛タンの味噌漬けも出ましたが、あまりの旨さに写真を撮り忘れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーデ一家のお正月 北京(2)

実家にあるプライベートシアターFoto_7スイシュー夫人は麻雀の名手、ご両親とお兄さんと対戦中!Foto_8隣家の庭先に置かれたHappy Buddah・・・Foto_9このお正月、北京は例年にない良い天気で、しかも稀にみる空気が綺麗だったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーデ一家のお正月 北京(1)

ダニエル・ゲーデがお正月を過ごした北京(夫人の実家)から再び東京に戻りました。夫人のスイシューさんの実家は大家族です。彼女のお母さんがオペラの歌手であったように、音楽家、作曲家、俳優等を輩出してきた芸術家一家です。スイシューさんのお父さんを囲んで。Foto_1お祖母ちゃんの監督の下、女性二人ですべての料理を作ります。Foto_2もちろん全てが中華料理です。Foto_3フィリップとフローリアンFoto_4おじいちゃんと中国将棋・・・おばあちゃんも観戦。Foto_5モンゴルスタイルのお茶(パオのレストランで)Foto_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

2015ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート指揮者はズービン・メータ !

ダニエル・バレンボイムに続くウィーン・フィルの2015年ニューイヤーコンサートの指揮者が公式に発表されました。巨匠ズービン・メータで2007年以来5回目の起用となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート

雪のない比較的あたたかなウィーンの元旦。ギュンター・ザイフェルトにとっては最後のニューイヤーコンサート(指揮者:ダニエル・バレンボイム)での演奏でした。下は出番を待つザイフェルト。Img_0154_2レナーテ夫人と舞台で撮影。レナーテ夫人の父君はウィーン国立歌劇場の舞台技術監督として活躍されていて、ボツェック等多くの有名な舞台を担当された。この父親の影響で小さな頃から大のオペラファンになり、国立歌劇場に頻繁に通っていた彼女をオーケストラピットから目ざとく見初め、猛アタックしたのがギュンター・ザイフェルトでした。今から40年以上前のことです。Img_0100_1_2以来、2男1女にも恵まれウィーン郊外に瀟洒な家をかまえ、時間があれば故郷ヴァイヤーのセカンドハウスを訪れ自然と共に生活をしてきました。Img_0119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年のNPOフレンドシップ・コンサートの活動予定は・・・

NPOフレンドシップ・コンサートは本年2014年に以下の活動を行う予定です。

(1)ゲーデ・デュオを招聘致します。(3月5日~12日)

第6回東日本大震災被災地応援ツアー

主催:NPOフレンドシップ・コンサート

協賛:オーストリア航空株式会社、ウェスティンホテル仙台

昨年に引き続き来る3月5日より12日までゲーデ・デュオ(ウィーン・フィル前コンサートマスター、ダニエル・ゲーデ及びピアニスト、スイシュー・ゲーデ)を昨年に引き続き再び招聘し、東日本大震災により被害を受けられた被災地の皆様に心のこもった音楽をお届けすべく計13回の演奏会を開催致します。訪問予定地は八戸市、郡山市、米沢市、仙台市、大船渡市、陸前高田市、二本松市です。

訪問演奏予定校等:八戸市公会堂、米沢私立病院、ウェスティンホテル仙台、郡山市開成小学校、同緑ヶ丘中学校、大船渡市立綾里小学校、陸前高田市立小友小学校、二本松市立東和小学校、同南小学校、同安達太良小学校他3ヶ所0906_2m2011年11月4日に仙台市内の高校2校でボランティア・コンサートを行って以来、ダニエル・ゲーデによる被災地でのコンサート活動はすでに38回を数えています。「継続することが最も大切」というゲーデの意志を実現するためNPOフレンドシップ・コンサートでは関係各位のご協力の下、準備を進めています。

■2013年ゲーデ・デュオ東日本大震災被災地応援ツアー

 

成田空港にて(3月5日)P10002163月6日(岩沼市立岩沼小学校)P1000263(岩沼市立岩沼南小学校)Dscn2077(3月7日大船渡市リアスホール)P1000301(3月8日陸前高田市にて)P1000337(陸前高田市立広田中学校)Dscn2150(3月10日福島市清水カルチャーセンター)Dscn2195(いわき市立四倉小学校)P1000382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。ギュンター・ザイフェルトから大晦日31日に行われたジルベスター・コンサート開始5分前の写真が送られてきました。Fotoウィーン楽友協会大ホールはもちろん満員!その人気はますます高まるばかりです。まったく同一のプログラムで30日、31日そして元旦のニューイヤーコンサートと合計3回の演奏会をこなします。今年(2014年)が最後のウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート出演となるザイフェルトは、エーリッヒ・シャゲレルと第4プルトで演奏、もちろん弟のエックハルトも第2プルトにいます。ギュンターの愛妻レナーテ夫人は舞台上手の指揮者入り口の席で夫の演奏を見守ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »