« ゲーデ一家のお正月 北京(2) | トップページ | 一番大切なものは家族、一番好きな食事は日本料理・・・ダニエル・ゲーデ »

2014年1月 7日 (火)

ダニエル・ゲーデ、読響出演のため再来日!

年末に読売交響楽団のコンサートマスターとして、多くの第9演奏会で演奏したダニエル・ゲーデは年末年始の10日間を夫人の実家がある北京で過ごした。この間はまったくコンサート等はなく、ひたすら家族サービスの毎日だったようだ。自身の最も大切なものは「家族」だと言い切るゲーデにとっては、素晴らしい北京の休暇だった。5日には夫人と2人の息子はドイツへ帰国し、ゲーデは7,8,9日と読響での演奏が予定されている。ゲーデ本人の強い希望で6日は和食を食べに伊勢丹にある茶屋青柳へ出かけた。伊勢丹メンズ館で。Dscn4177ここは初めてであったが、さすが徳島青柳の系列だけあって抜群の美味しさ!八寸の干支午の中には数の子が。Dscn4179鶉の真薯Dscn4180お造りは今朝しめて空輸された明石の鯛、本マグロ、甲イカ。全てが絶品!Dscn4181牛タンの味噌漬けも出ましたが、あまりの旨さに写真を撮り忘れました。

|

« ゲーデ一家のお正月 北京(2) | トップページ | 一番大切なものは家族、一番好きな食事は日本料理・・・ダニエル・ゲーデ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565090/58898716

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・ゲーデ、読響出演のため再来日!:

« ゲーデ一家のお正月 北京(2) | トップページ | 一番大切なものは家族、一番好きな食事は日本料理・・・ダニエル・ゲーデ »