« ブエノスアイレス 19日目(晴れ) | トップページ | フランクフルト 1日目 »

2014年5月15日 (木)

フランクフルト 1日目(曇りのち晴れ)

13日(火)の16時55分にブエノスアイレスを発って14日(水)11時5分にフランクフルト空港に着陸しました。飛行中は喧騒を離れてCクラスの最後尾に移動し爆睡しました。空港へはダニエル・ゲーデが出迎えてくれました。自宅から列車を乗り継ぎ来てくれました。Dscn5538ここでちょっとしたトラブル発生!携行中のRIMOWAのスーツケースの車輪が1個折れ曲がってしまいました。ルフトハンザのカウンターで処理をしてもらうと「この書類を保険会社に提出しても良いし、自分で日本で直してルフトハンザに領収書を送っても良い。時間があればすぐそこにルフトハンザの修理コーナーがあるから直すことができるかも!」それじゃあということでゲーデといっしょにもう一度税関を通って修理コーナーへ行きました。コーナーというよりはちゃんとした作業場で若いお兄さんが一目見るなり「あっ、すぐ修理できるよ。壊れた車輪のあたりの荷物をどけてくれれば、5分でOKだ」ベリッと裏地を手で剥がし、スクリュドライバーで車輪を止めている3つのネジを破壊して、車輪を外しポイ!新しい車輪をとめてハンマーでネジの頭を潰し「はいできたよ!」剥がした裏地は両面テープで接着。あまりの感動で写真を撮るのも忘れてしまいました。Dscn5541チェロ奏者のグスタフ・リヴィニウスも車でやってきました。演奏会でハノーバーに行く途中だとのこと。美味しいフレンチレストラン「ツァーゲス(Zarges)」でご馳走になりました。Dscn5547

Dscn5550オマールのスープ!Dscn5551ゲーデとリヴィニウスの頼んだ鹿のレバーの煮込み。わたしはカルパッチョとヤギのチーズにはちみつを添えたもの・・・Dscn5553

Dscn5554

Fotoリヴィニウスは私のスーツケースをインターコンティネンタルホテルに運んで、私とゲーデはそのまま電車でハイデルベルクに行きました。Dscn5560

Dscn5570ハイデルベルクの古城址にある世界最大に木製のワイン樽の上で。Dscn5585

 

|

« ブエノスアイレス 19日目(晴れ) | トップページ | フランクフルト 1日目 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565090/59645891

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト 1日目(曇りのち晴れ):

« ブエノスアイレス 19日目(晴れ) | トップページ | フランクフルト 1日目 »