« ハラルド・クリュンペック、日本の休日(2) | トップページ | ゲーデ弦楽四重奏団、3回目の合宿中! »

2014年6月13日 (金)

ウィーン・フィル、新執行部選出!クリュンペックがGeshäft Führerに選ばれました!

さる6月11日ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団は次期Geshäft Führer(General Manager)にヴァイオリン奏者のハラルド・クリュンペック(45才)を選出しました。P1120629

P1120661

ハラルド・クリュンペックHarald Krumpöck1968年ウィーンに生まれる。故郷のキルシュラグにて6歳の時初めてヴァイオリンのレッスンを受ける。1984年よりウィーン音楽大学にてミカエル・シュニッツラーやゲアハルト・へッツェルとともに学び、1991年よりアルフレッド・スター教授に師事する。一方、国際ユース・コンクールの賞としてアメリカ、グリーンボローの「イースタン音楽祭」の奨学金を得、そこでジェラール・プレやジョセフ・ジンゴールドらと学ぶ。1994年国際ブラームス・コンクールにてISONピアノ三重奏団で優勝。1987年にグスタフ・マーラー・ユース管弦楽団のコンサートマスター、1993ウィーン国立歌劇場管弦楽団団員、1996年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団団員となる。またウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団やウィーン・フィルハーモニア五重奏団、アンサンブル・コントラプンクト、ゲーデ・トリオなどいくつかの室内楽団と積極的に演奏を行っている。Dscn5813
Dscn5845

また対外的にウィーン・フィルを代表するVorstand(楽団長)には、やはりヴァイオリニストのアンドレアス・グロスバウアーが選ばれました。(写真はウィーン・フィルHPより)Img_lebenslauf_7_grossbauer116年間楽団長を務めたクレメンス・ヘルツベルク及びゼネラルマネージャー、ディーター・フルーリーの後を受け、本年9月1日よりこの40才台に若返った新執行部により、新たなウィーン・フィルの歩みが始まります。世界にただ一つの自主独立したこのオーケストラの行く手には常に多くの難問が横たわっています。激動する時代にアジャストしながら未来を切り開いていく、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の更なる発展に期待したいと思います。

 

|

« ハラルド・クリュンペック、日本の休日(2) | トップページ | ゲーデ弦楽四重奏団、3回目の合宿中! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565090/59808862

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン・フィル、新執行部選出!クリュンペックがGeshäft Führerに選ばれました!:

« ハラルド・クリュンペック、日本の休日(2) | トップページ | ゲーデ弦楽四重奏団、3回目の合宿中! »