« 2015年4月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

ウィーン三重奏団(フリーダー・トリオ)はザルツブルクで夏を楽しんでいます!

本年の秋ツアーの最後を飾るウィーン三重奏団(フリーダー・トリオ)は夏休みを終えてザルツブルクに移動し、夏のザルツブルク音楽祭に参加しつつ避暑地の夏を楽しんでいます。長男のクレメンツ・フリーダー(ヴァイオリン)、背後にザルツブルク城が・・・2次男のマクシミリアン・フリーダー(ピアノ)1幸せな父親・・・・ラファエル・フリーダー(チェロ)3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リヴィニウスは明日帰国の途につきます!

読響との横浜でのマチネーを終えて、ダニエル・ゲーデもグスタフ・リヴィニウスもすっかりリラックス!二人の希望で大森山王の鮨処「大川」へ出かけました。日がくれてもちっとも涼しくなりません。リヴィニウスは短パンで現れました!築山くんも一緒です。Dscn9486まずは二人の大好物「トロ」から・・・想像を絶する旨さ・・・Dscn9489気仙沼産の鰹、美味い!Dscn9492煮鮑!!!Dscn9493毛蟹を盛り付ける大川さん。Dscn9494で・・・Dscn9495とろける穴子!Dscn9496ゲーデは噴火湾産ウニをお替り!Dscn9497ありがとうございました!Dscn9504


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラームス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」

名古屋から取って返してオペラシティ・コンサートホールでブラームスの作曲した最後の管弦楽作品「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」を聴きました。独奏はダニエル・ゲーデとグスタフ・リヴィニウス、オーケストラは読響(指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス)、いわずと知れた超難曲です。リヴィニウスの超絶技巧が発揮され、ゲーデと息の合った演奏が繰り広げられました。Dscn9471難曲を引き終えて・・・この後彼らは座席でホルスト「惑星」を楽しみました。Dscn9474一緒にコンサートを楽しんだ落合さん、永野さんご夫妻とともに大森山王の鮨処「大川」でゆっくり夕食を楽しみました。Dscn9482

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

なごやっ子スクールコンサート実施校を訪問しました!

恒例になった「なごやっ子スクールコンサート」は本年10月26日から29日まで実施されますが、それに先立ち実施校を訪問し打ち合わせをしました。曇り空に時折小雨が振る23日、東区の山吹小学校を皮切りに西城小学校(守山区)、菊里高等学校(千種区)、大磯学校(南区)とまわりました。Dscn9446名古屋市立菊里高等学校では音楽科の生徒を対象に演奏します。立派な専用ホールがあります。Dscn9448南区の大磯小学校Dscn945024日は晴れ上がった暑い1日になりました。西養護学校(中川区)、宝南小学校(南区)、港南中学校(港区)と訪問しました。下は名古屋西養護学校。Dscn94652日間にわたりお世話をしていただいた名古屋市教育委員会の森さん、宮村さん、梁瀬さん(写真向かって左から)。Dscn9469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月21日、ゲーデとリヴィニウスが来日しました!

読響に出演するためダニエル・ゲーデとグスタフ・リヴィニウスが来日しました。本人たちの希望で、早速新宿の伊勢丹にある「宮川」にでかけました。Dscn9430

Dscn9435鰻は彼らの大好物です!Dscn9434

Dscn9437


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪~名古屋

大阪市中央公会堂で行われたミロンガ(アルゼンチンタンゴのダンスパーティ)に出かけました。中之島にある1918年(大正7年)にオープンした美しい建物です。Dscn9366

Dscn9370日は名古屋に寄り実家を訪ねました。しばらく父の部屋にかかっている絵を見ていました。Dscn9387

Dscn9381



| | コメント (0) | トラックバック (0)

セバスティアン・ゲーデ来日!

ゲーデ弦楽四重奏団のチェロ奏者、セバスティアン・ゲーデが所属する北ドイツ放送交響楽団(NDR)と共に来日しました。指揮は古楽で有名なトーマス・ヘンゲル・ブロック(同団首席指揮者)です。6月4日のサントリーホールでの演奏会のあとで、麻布十番のイタリアンレストランで食事をしました。肉好きなセバスティアンの好物、タルタルステーキ!Dscn9342ガールフレンドのメラニーといっしょに。彼女はオーボエ奏者で、歌手でもあります。Dscn9344熟成肉のステーキDscn9347メラニーがオーボエという特殊な楽器について詳しく説明をし、オーボエを吹いてくれました。Dscn93516月5日には東京文化会館でのコンサートにでかけました。マーラーの「巨人」が素晴らしい演奏でした。西麻布の焼肉店「東海亭」で連日の『肉』を楽しみました。Dscn9362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

ウィーン・フィル、ハラルド・クリュンペックの夏休み!

昨年春からウィーン・フィルのGeshaft Fuhrer(ジェネラルマネージャー)を務め、楽団長のグロスバウアーと二人でウィーン・フィルを代表する、ハラルド・クリュンペックから夏のザルツブルク音楽祭前の年次休暇の様子が知らされました。家族共々デンマーク、コペンハーゲンの友人宅に滞在し、喧騒を逃れひたすらのんびりしているそうです。下はコペンハーゲンでバルバラ夫人とセーリングを楽しむクリュンペック。Img_3727


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

訃報・・・

落合武さんが去る5月31日にご逝去されました。享年75歳。フレンドシップ・コンサート活動の最初期から様々にご助力をいただき、公私にわたりご指導を賜りました。謹んでご冥福をお祈り致します。

2002年1月2日ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート(指揮:小澤征爾)を楽しんだ翌日、ウィーン郊外のギュンター・ザイフェルト邸に招待されました。写真向かって右端が落合武さん、左に川崎さん、竹内さんご夫妻、落合路子夫人(中央青いジャケット)、長女・麻理子さん、ギュンター・ザイフェルト、レナーテ夫人、赤松さん(フレンドシップ・コンサート習志野主催者)Img_20150711_00012011年4月のフレンドシップ・コンサートツアー(ウィーン・フィレンツェ・ミラノ)で、グランドホテル・ウィーン「雲海」でマリノ・フォルメンティと再会!向かって左は永野康雄さん。Dscn1306ウィーンではウィーン・フィルのギュンター・ザイフェルト夫妻とも会食しました。P1000005ミラノ・スカラ座の平土間で。Dscn14662014年9月のフレンドシップ・コンサートツアー(ウィーン・プラハ)で、ウィーン国立歌劇場にて。Dscn5938同ツアーでウィーンの定宿、ホテル・ザッハにて、ピアニスト、マリノ・フォルメンティと。落合さんご夫妻はフォルメンティの大ファンで、2007年6月に行ったフォルメンティ日本ツアーに際しては、中野サンプラザで演奏会を主催されました。Dscn61282014年12月南青山「みな瀬」にて、ダニエル・ゲーデと懐石を楽しみました。落合さんはダニエル・ゲーデの演奏も大好きでした。Dscn8472

Dscn6058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年8月 »