« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月19日 (月)

フローリアン、父ダニエル・ゲーデと共演!

昨日9月18日、フローリアン・ゲーデはベルリンで父ダニエル・ゲーデと共演し、ブラームス「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」を演奏し、絶賛を浴びました。下はリハーサル時の楽屋での写真です。160919_florian_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアニスト、Oliver Triendl、 オリヴァー・トレンドゥル

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団のピアニストとして、名手オリヴァー・トレンドゥルが来日します。ダニエル・ゲーデ、グスタフ・リヴィニウスとタムズ四重奏団を組織しているトレンドゥルですが、ソリストとして欧米で大活躍しているピアニストです。Img_9737
この夏もドイツ、フィンランド、フランスの各音楽祭に招待されソリストとして演奏するかたわら、自ら室内楽のフェスティヴァルを主催し、来日直前にはニュルンベルク交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲を協演します。

 

オリヴァー・トレンドゥル(Oliver Triendl)

1970年に南ドイツのマーラーズドルフで生まれる。ゲアハルト・オッピッツやオレグ・マイセンベルク等の薫陶を受け、幼少時より国内外で多くのコンクールで多くの受賞歴を数える。トレンドゥルはソリストとして古典及びロマン派から現代曲まで網羅した幅広いレパートリーを持ち、欧米を中心に数多くのリサイタルを行うと同時に、ミュンヘン交響楽団、バンベルク交響楽団、北ドイツ放送交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ザールブリュッケン放送交響楽団、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ローザンヌ室内管弦楽団、ポーランド国立放送交響楽団、ポーランド室内管弦楽団、チェコ国立管弦楽団、上海交響楽団などの著名オーケストラと共演し成功をおさめ、その足跡はさらに南北アメリカ、南アフリカ、ロシア、中国、日本等にまで及んでいる。また室内楽の演奏家としても高名でありダニエル・ゲーデ、ロリン・マゼール、ライナー・クスマウル、シャロン・カム、フランソワ・ラリュー、ダヴィド・ゲリンガス、サビネ・マイヤー、ウルフガング・マイヤー、マリー・ルイーズ・ニューネッカー、グスタフ・リヴィニウス、ベンジャミン・シュミット等の名手と共演している。トレンドゥルは録音にも意欲的ですでに50枚以上のCDをリリースしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

ウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団、合宿中です!

いよいよNPOフレンドシップ・コンサートの招聘で、10月4日に来日するウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団は、現在ピアニスト、オリヴァー・トレンドゥルのミュンヘンの自宅に集まり、最終調整のための合宿を行っています。タムズ四重奏団として日常的にアンサンブルを磨いてきていますが、ほぼ1か月間にわたり日本全国で演奏会を開催するこのツアーは、彼らにとっても重要なもので念入りなリハーサルが行われます。Tammuz09_65k1
下の写真は9月13日にトレンドゥルの自宅で撮影:向かって左からソロピアニスト「オリヴァー・トレンドゥル」、ヴァイオリニスト「ダニエル・ゲーデ」(ウィーン・フィル前コンサートマスター、ベルリン・バロック・ゾリステン音楽監督)、チェリスト「グスタフ・リヴィニウス」(1990年チャイコフスキー国際コンクール優勝者、現チャイコフスキー国際コンクール審査員)Img_9736
2016年のツアーは以下の日程で行われます。
10月5日:江別市えぽあホール、6日:旭川市クリスタルホール、8日:加美町バッハホール、9日:大館市民文化会館、11日:横浜雙葉学園、12日:けいはんなプラザ、13日:銀座王子ホール、14日:聖学院小学校、15日:習志野文化センター、18日:広島県民文化センター、19日:ウェスティンホテル仙台、20日:青梅市民会館、22日:聖学院大学、銀座王子ホール、24日~27日名古屋市「なごやっ子スクールコンサート」、26日:名古屋市、ザ・コンサートホール、29日:佐伯市「善教寺」、また全国15か所の高級高齢者用マンション「サンシティ」を訪問し演奏します。
 
なお13日から22日の10日間はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の最高意思決定機関である Geschaftführer(ゼネラルマネージャー)を務めるヴァイオリニスト、ハラルド・クリュンペックと1986年以来NPOフレンドシップ・コンサートの最大の協力者であるギュンター・ザイフェルト(ヴァイオリニスト及び指揮者、ウィーン・フィル、シニアメンバー)が友情出演し、華麗な五重奏を繰り広げます。
 
ハラルド・クリュンペック(2015年サントリーホールにて)
Hk3
ギュンター・ザイフェルト(2015年聖学院小学校にて)Gs3
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

ルツェルンにいるハラルド・クリュンペックから・・・

スイスのルツェルン音楽祭に指揮者トゥガン・ソヒエフと共に出演中のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のGeschaftführer(ゼネラル・マネージャー)、ハラルド・クリュンペックから写真が送られてきました。ウィーン・フィルは9月8日(木)、9日(金)と同地で演奏しますが、下の写真2枚は宿泊中のクリュンペックの部屋から見たルツェルンの今朝の風景です。Harlad_1
この後ウィーン・フィルは9月末の定期演奏会をウィーン楽友協会でズービン・メータと行い、10月1日から以下の日本公演を行います。
10月1日 東京(指揮:メータ、小澤)
10月4日 久留米(以下指揮はメータ)、5日広島、6日大阪、7日東京、9日川崎、10日東京、12日東京Harald_2
そしてウィーン・フィル日本公演終了後の13日から、ハラルド・クリュンペックは盟友ギュンター・ザイフェルトと共に、すでにNPOフレンドシップ・コンサートの招聘で北海道、大阪、京都で演奏を終えているウィーン・フーゴ・ヴォルフ三重奏団に合流し、ウィーン・フーゴ・ヴォルフ五重奏団メンバーとして10日間演奏をします。Dscn7083
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のビジネスに関する最高意思決定者として連日激務に追われているクリュンペックは、この旧友たちとの室内楽ツアーをとても楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »