« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月 7日 (土)

マリノ・フォルメンティから新年の便りが・・・

世界的に大活躍をしているソロ・ピアニスト、マリノ・フォルメンティから、フレンドシップ・コンサートの友人の皆さんに新年の挨拶を兼ねた便りが来ました!フォルメンティとは昨年12月31日大晦日にウィーンで会う予定にしていましたが、彼の予定が変更になったため会うことはできませんでした。フォルメンティはウィーンと共に、昨年4月からリスボン(ポルトガル)にも住居を持っています。クリスマスをミラノの実家で過ごしたのち、ダイレクトにリスボンに移動し次のプロジェクトのため休息をとっています。次の2枚の写真はFCの友人の皆さんへのあいさつ代わりに送られたもので、2015年のクリスマスイブにキエフ(ウクライナ)で撮影されました。ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」に含まれている「キエフの大城門」の前です。Marino2
やはりキエフの遊園地で・・・Marino4
楽しそうなフォルメンティMarino3_2
次は2016年11月にザルツブルクでモーツァルトの2つの協奏曲を弾いた時のもの・・・Marino5
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

3日、ザイフェルト夫妻と会食しました。4日帰国の途へ・・・

落合さん母娘は今朝のスイス航空便で帰国の途につきました。他の4名はもう1日ウィーンを楽しみます。私はマリアヒルファー通りからナッシュマルクト辺りをぶらつきました。Dscn8055
ナッシュマルクト(市場)は見るだけでも楽しいところです。Dscn8064
様々な国々の人たちが食品、衣料品等の日用品を売っています。Dscn8066
魚も豊富ですが・・・Dscn8078
ウィーンに来ればいつも立ち寄るセセッシオン・・・Dscn8081
賑わっていました。Dscn8087
ケルントナー通りでウィーン・フィルの事務局秘書エリザベスさんに出会いました。「ドゥダメルは凄かったね、最高よね」とふたりで再確認しました。彼女は明日から1週間の休暇とかで嬉しそうでした。Dscn8096
ホテル・ザッハの部屋に美しい蘭がおいてあり、鉢には金色の星がさりげなく置いてありました。Dscn8098
毎日入っているサウナを楽しみ午睡をして、ザイフェルト夫妻を招いて食事に出かけました。風が強く冷え込みがきついので、オーストリア製の手編みの帽子を買いました・・・Dscn8099
ザイフェルト夫妻・・・ギュンター・ザイフェルトはアルバニア政府の招きでティラナを訪問し、2日に演奏会を行い帰国したところです。Dscn8100
美味!セロリのスープ!Dscn8102
永野さんご夫妻はこのレストランの名物「牛肉煮込み」を注文しました。1人分で4~500gの牛肉とぶつ切りの骨が入っていて、その髄を黒パンに乗せて味わっていました・・・Dscn8106
今回の旅ではウィーン最後の晩餐です。Dscn8113
ケルントナー通り・・・Dscn8118
まだ早かったのでマイドリングのミロンガ(アルゼンチンタンゴのダンスパーティー)に全員で出かけました。Dscn8123
この日ウィーンではここだけしかミロンガがないので結構な参加者です。Dscn8121
明日は帰国なので早めにホテルに戻り、美味しい棒茶を飲みました。Dscn8124
午前2時過ぎのアルベルティーナ周辺・・・Dscn8127
1月4日午前7時15分にホテル・ザッハを出発し、チューリッヒを経て1月5日午前9時前に成田空港に到着しました。Dscn8133_2
スイス航空は快適ではありましたが・・・オーストリア航空の直行便がなくなってしまったことは、まことに残念でなりません。Dscn8136
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」を楽しみました!

良く晴れた気持ちの良い日です。朝食はオープンサンド!Dscn8007
当地の友人たちと会いました。エミンガー夫妻に招かれてグランドホテルのカフェで昼食です。Dscn8012
エビのリゾットを頂きました。Dscn8009
「ウィーンには数多く来すぎて少し飽きていたのだけど・・・やっぱりウィーンはいいね。新しい建物が美しかった街並みを台無しにしているところもあるけれど、頭の中には以前のウィーンの街が自然と甦ってくるから・・・」と話すと、チーフコンセルジュのブッフマンが「それは俺たちが年をとったと言うことだね。年齢を重ねなければ見えてこないものがあるよ」とこたえました。
 
今回の旅は7泊(機中泊1)と短く、同行者も古い友人たちだけなので毎日のんびりしています。ウィーンは温かく適度な距離感をもって旅行者を迎えてくれます。こんなに頻繁にウィーンを訪問していますが、あらためてこの町の懐の深さを強く感じます。
 
のんびりサウナに入ってから午睡を・・・19時にウィーン国立歌劇場に向かいました。フンパーディンクの子供用に書かれたオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を楽しみました。少し雪が舞っています。Dscn8014
ヴィオラのコスカさん、プラハ出身です。Dscn8015
第2ヴァイオリンのクリメックさん。Dscn8016_2
今夜が今回最後の音楽鑑賞です。Dscn8018
美しく幻想的な演出でした・・・Dscn8034
終演後はザッハに戻り「ROTE BAR」で食事をしました。生牡蠣を味わう赤松さん。Dscn8045
記念撮影!Dscn8048

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

2017年ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサートに参加しました!

弱冠35歳の天才指揮者グスターボ・ドゥダメルの実力は昨夜のジルベスターコンサートで証明されましたが、世界中に同時中継されるニューイヤーコンサートはまた別物です。11時15分に開演なのに朝の10時半過ぎには会場のウィーン楽友協会に到着しました。Dscn7882
楽屋でのフリーダーも昨夜の素晴らしい演奏から幾分上気しています。Dscn7888
落合さん母娘。Dscn7896
永野さんご夫妻。Dscn7899
予想を裏切る神がかり的な演奏です。クライバーを除けば最高のニューイヤーコンサートです。Dscn7912
観客は総立ち!!!Dscn7918_2
舞台上のフリーダーの満足そうな笑顔!!!Dscn7935
来年(2018年)は巨匠ムーティです。この演奏を超えることができるのでしょうか?会場には前回とは比較にならないほどの大勢の中国人が来ています。ウィーン国立歌劇場では若い中国人も目につきます。ウィーン・フィルもこの現実を受け入れ今年からは毎年中国公演を行うと聞いています。Dscn7937
男性だけで・・・Dscn7939
すぐ近くのグランドホテルにある日本料理店「雲海」で昼食を食べました。Dscn7942
食事後はホテルに戻って夜のオペラ「こうもり」まで休憩です。霧が出てきました。Dscn7958
珍しいヨルゲン・フォッグさんがピットに入っていました。休暇を取ったイベラーの代わりです。Dscn7971
年末年始恒例の「こうもり」Dscn7976
華やかな舞台・・・Dscn7982
瞬く間に終わってしまいました!Dscn7984
クレメンツとマクシミリアンのフリーダー兄弟に、父親のラファエル・フリーダーそれに珍しいエーリッヒ・シャゲレルも参加してカフェ・ザッハで夕ご飯を食べ旧交を温めました。Dscn7996
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月31日ウィーン・フィル、ジルベスターコンサート

半世紀以上の付き合いの赤松医師と、帽子を買いにウィーンの街を少し散歩しました。珍しいことです。Dscn7703
トゥルツェスニエフスキーでオープンサンドイッチを食べました。美味です!Dscn7712
向かいのカフェ、HAWELKAで・・・Dscn7715
ザッハに戻ってサウナに入りました。Dscn7739
他にミストサウナと下の写真の薬草サウナがあります。すべてが本格的な設備です。Dscn7741
午後ドイツでの演奏から戻ってきたザイフェルトが顔を出しました。Dscn7771
ウィーン・フィルのジルベスターコンサートに出かけます。Dscn7776
ウィーン・フィルの新装された事務室。Dscn7777
楽屋には三々五々楽団員が集まってきます。Dscn7783
旧友ラファエル・フリーダーと。Dscn7784
開演20分前に悠々と現れたコンサートマスターのライナー・ホーネック。こののち素晴らしいソロを聴かせます!Dscn7787
ソロチェロのタマシュ・ヴァルガのソロも秀逸でした!Dscn7788
今夜は全員同じボックス席で聴きます!Dscn7812
ヘーデンボルグ(チェロ)と。Dscn7828
ウィーン・フィル、ゼネラルマネージャーのハラルド・クリュンペック。Dscn7827
体調を崩していたにもかかわらず、最高の演奏を引き出したドゥダメル!Dscn7837
夜はうって変わって・・・ザッハでカウントダウンディナーを楽しみました。Dscn7852
最後にはみんなで・・・Dscn7873
ホテル・ザッハの総支配人ライナー・ハイルマン。Dscn7878
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »