« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月18日 (木)

現在、グスタフ・リヴィニウスはウィーン音楽大学のマスタークラスで指導しています!

現在グスタフ・リヴィニウスはウィーンに滞在して、ウィーン音楽大学のマスタークラスで学生たちを指導しています。今日はヴァイオリニストのクレメンツとピアニストのマクシミリアンのフリーダー兄弟とウィーンのカフェで音楽談義です。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

懐かしいウィーン・フィルの友人たち・・・

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の友人から,懐かしい写真が送られてきました。ウィーン楽友協会大ホールでウィーン・フィルのリハーサル休憩の時に撮影されました。日本の友人から送られた風呂敷を嬉しそうに見せるエドワルド・クドラック(ウィーン・フィル、シニア団員、旧ウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団ヴィオラ奏者)。Img_20190402_113845_resized_20190403_095

クドラックはカナダ生まれのオーストリア人でズービン・メータやクラウディオ・アバドとウィーン音楽大学の同期でした。ウィーン・フィルの精神的な支柱として長く活躍し、ギュンター・ザイフェルトの盟友でもありウィーン・ザイフェルト弦楽四重奏団の創立メンバーとして常にザイフェルトを支えていました。NPOフレンドシップ・コンサートの前身であるフレンドシップ・コンサート・ジャパンのメンバーでもあり、1989年11月3日に初めて開催された第1回フレンドシップ・コンサートから10数年にわたり、私たちの活動を強力に支持し続けてくれました。

Img_20190402_113935_resized_20190403_095

クドラックと並んでいるのはエーリッヒ・シャゲレル(ウィーン・フィル、シニア団員、第1ヴァイオリン奏者、ウィーン・アルカディア・アンサンブル主宰者)です。ギュンター・ザイフェルトの親友です。ウィーンの街角で1986年9月1日にギュンター・ザイフェルトとエーリッヒ・シャゲレルに丸岡努が出会ったことからフレンドシップ・コンサートが誕生しました。

| | コメント (0)

フローリアン・ゲーデ、ベルリンでの大学生活始まる!

フローリアン・ゲーデは3月25日に南ドイツの故郷を離れベルリンで大学生活を始めました。それに先立ちニュルンベルク

Img_4275_2

郊外にある故郷の町の公民館で両親と共に演奏会を開きました。当日のプログラムは東日本大震災被災地応援ツアーのプログラムと同じでした。

Img_4344_2

演奏会には町長も参加しました。長男のフィリップに続きフローリアンも独立し、ゲーデ家はダニエルとスイシューの夫婦水入らずの毎日になりました。ゲーデ夫妻は4月中旬から3週間ほどテネリファを訪れ早めのバカンスを楽しみます。

Img_4343_2

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »