« 11月10日2022年ウィーン・ピアノ五重奏団日本ツアーが終わりました! | トップページ

2022年11月11日 (金)

11月11日ウィーン・ピアノ五重奏団、全員元気でドイツ、オーストリア、スイスの自宅に戻りました!

11月11日午前ウィーン・ピアノ五重奏団のメンバーは、全員元気でドイツ(ゲーデとリヴィニウス)、オーストリア(フリーダー兄弟)、スイス(エイブ)の自宅に戻りました。

Img_2114 Img_2153_20221111150701 Img_2233_20221111150701 Img_2356 Img_2423 Img_1899_20221111150701 Img_2463_20221111150801 Img_2532_20221111150801 Img_2665_20221111150801 Img_2715_20221111150801 Img_2909 Img_2971 Img_3147 Img_3404 Img_3721 Img_4139_20221111150801

今回のツアーは新型コロナウィルス対応のコンサート形式を採用し、特に高齢者用施設や学校等では回数を2~3回とし、入場人数を少なくする工夫がなされました。このためコンサート回数「全69回」という記録が作られました。ご尽力を頂きました関係者各位に厚く御礼申し上げます。

Img_3509_20221111152501

一方、重なる演奏の緊張と緊張を和らげるため・・・UNOをすることで「緩和」を作り出しました。丸岡はUNO初心者であったため、なかなか勝利するのに苦労しました。

全UNO試合回数:164戦

金メダル及び「響」カップ優勝:クレメンツ・フリーダー(35勝)

銀メダル:グスタフ・リヴィニウス(32勝)

銅メダル:マクシミリアン・フリーダー(27勝)

「飛鳥」カップ優勝:ダニエル・ゲーデ及びセバスティアン・エイブ(26勝)

最終試合カップ優勝(LAST GAME CUP):丸岡 努(18勝)

 

|

« 11月10日2022年ウィーン・ピアノ五重奏団日本ツアーが終わりました! | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。